RSS Feed

キャッシングのブラックとは

銀行カードローンでお金を借りる際の注意点

2014年8月13日

銀行カードローンでお金を借りる際の注意点にはどんなことが挙げられるのでしょうか。銀行カードローンというと、金利も低金利ですし融資限度額の面でも高額融資ものぞめますからメリットだらけといったイメージがありますが、借り入れにはどんな注意点があるのでしょう。
まず低金利で高額融資可能と大変条件のよいのが銀行カードローンの特徴なのですが、その反面、消費者金融と比べますと審査が厳しいというデメリットがどうしてもついてまわります。金利を低く貸し付けするならば、貸し倒れリスクを避けるためにも与信審査を厳しくするというのは金融機関において常識です。審査が厳しいということは、お金借りる至急申し込みをしても審査に通らない可能性がある、ということ。
その場合には他にもっと審査が柔軟なところで申し込みをし直さなくてはなりませんがこのとき注意したいのが、短期間のうちに何社も申し込みをしてしまうと「申し込みブラック」といってますます審査に通りづらくなってしまうことがあるのです。すぐに審査にとおればいいのですが、こうしたことが起こる可能性があります。
また審査が厳しいため時間がかかりやすいというところも注意が必要です。銀行カードローンでも即日融資可能としているところはいくつかあるのですが、最短で即日融資が可能なのであって、基本的には審査は厳しいため消費者金融と比較してしまうと時間がかかるという傾向はあります。もちろんなかには融資スピードの早いところもありますが、急いでお金を借りたいという方の場合には、銀行カードローンはあまりおすすめできません。

キャッシングの返済方法

2014年6月20日

キャッシングを始めると毎月返済が始まりますが、フリーローン申込方法とおなじく返済方法もいろんな形の返済方法があり、自分の生活範囲内で返済を続けることができるのかを調べておくことが必要といえます。

返済方法として最低返済額を毎月払っていく方法は、返済金額が少ないので無理なく返済が続けられますが返済期間が長くなると無駄な金利を払わなくてはならず、そのため総返済額が増えてしまいます。
一括返済をすればそれ以降の金利を払わなくてもよいので金利負担は減りますが返済が終わったあと、無理がしょうじて再度借入をするということもあるので、一括返済はタイミングをみておこなわないと意味がなくなります。

少しでも早く借入残高を減らす方法としてお金に余裕ができたときは、繰り上げ返済をおこなえば、無理なく借入残高を減らせることができるため、返済期間が短くなり無駄な金利を払う必要がなくなるので総返済額も減らせます。

返済に何を利用するかも重要なことで、インターネットバンキングを使い口座へ振り込む方法や自動引き落とし、提携コンビニATMなどがありますが、これまで消費者金融の返済に提携コンビニATMを使えば手数料無料で利用できましたが、貸金業法の改正でコンビニATMの利用には利用手数料がかかるようになり1万円以下は108円、1万円以上は216円の手数料が必要になりました。

返済が長期になるとATMの利用手数料も軽視できないので、融資金額以外のお金がかからないようなところを選ぶのもひとつのポイントになります。

キャッシングのブラックとは

2014年5月30日

よく聞く言葉でブラックはご存知でしょうか。
キャッシングブラック、実は言われているようなブラックリストがあるものではありません。
それではブラックとは何か、ご説明していきましょう。

消費者金融でも銀行でも審査で最も重要に考えるのは返済能力です。
いくらなら返済ができるのか、返済がいつまでは可能になるのか、それを判断して融資限度額を決めます。
業者側としても回収困難な事態を回避するため審査は慎重に行われています。
その回収困難とはどのような状況であり得るのかを考えるとキャッシングが敬遠する条件が見えてきます。

もっとも危険視されているのは債務整理です。
約束の完済までにたどり着くことなく債務整理という手段を取ったということは、キャッシング業者にとってみれば返済が困難になったときには債務整理を選択する可能性があると判断されます。
もっとも嫌われているのは自己破産です。
借金の一切をなかったことにできる自己破産は債務者にとっては救済措置ではあるものの、債権者にとっては元金の回収さえもできない状況が作り出されてしまいます。

債務整理だけではなく、遅延や強制解約も懸念される材料です。
キャッシング業者にしてみるとそれがリスクとして考えられるでしょう。
そうです、このリスクがキャッシング業者にとってブラックと呼ばれるものです。
お金を貸すことにリスクを伴うそれが金融事故もしくはブラックと呼ばれているのです。
個人信用情報機関には非常に多くの情報が記録されています。